×
【第6話】奢られる前提で高級肉店を 食い散らかすママ友に 「予約した店そこじゃないよ」 と伝えた結果… | 「大嫌い!」うざい義母にスカッと倍返し!【先読み公式ブログ】
スポンサーリンク

【第6話】奢られる前提で高級肉店を 食い散らかすママ友に 「予約した店そこじゃないよ」 と伝えた結果…

スカッと春香
スポンサーリンク

私「それは困ったね、たまにはそういうこともあるよ。私が代わりに払っておくね。」

お財布を忘れてきてしまったというので、その時一番近くにいた私が代わりに支払うことになった。

人間誰しもうっかりミスくらいある。こういう時は助け合いだと思っていた。

私が今助けることによって平和が保たれるならそれでいいし、この行いはいつか返ってくるかもしれないし

それが私の平凡な生活の安寧につながるなら何よりだと思っていた。

だがこの日を境に、少しずつ怪しい雰囲気が漂うようになる。

あすか「やってしまった…今日もお財布がない…」

私「ねえ、前回も忘れていなかった?」

コメント

タイトルとURLをコピーしました