【第2話】義母に「義父の好みくらい覚えときなさい」と言われたその日の夜、義父がスカッと一言!

スポンサーリンク
[2号]スカッと春香
スポンサーリンク

特にわざと狙ってやろうとしているわけではないが、この癖のおかげで最終的に得をしたと感じることも大人になるにつれて増えてきたのだ。

かくいう夫も、私の良く気がつくところに惹かれたようで数年交際の後結婚。

ごく一般的だけれど小さな幸せを沢山感じることのできる幸せな家庭を築けている自信があったので、

当時は厳しく躾ける親に嫌な思いもあったけれど、今となってはこの癖に感謝さえしている。

ただ、強いて言えば1つだけ悩みがある。

ごく一般的な幸せを手に入れたのだから、ごく一般的なトラブルだってあるだろうとは思うが

義母との関係がうまくいかず、時折肩身の狭い思いをしているのだ。

義母はとにかくどんなことでも「自分が1番正しい」という性格で、どんなに筋が通っていなくても間違っていたとしても簡単には折れず押し通すような人だった。

義母「ちょっとあなた、こんなもの夕食に出してるの?」

コメント

タイトルとURLをコピーしました