【第4話】娘に私の悪口を吹き込む義母…するとある日突然、皆の前で娘がスカッとお返し!

スポンサーリンク
スカッと美奈子
スポンサーリンク

義母「誤魔化そうとしなくてもいいのよ、どうせうたた寝でもしていたんでしょ?子どものせいにするなんて母親として最低ね。」

私「そんなんじゃありません!」

義母「ほら、おもちゃも至る所に散らばって…転んで踏んだりしたらどうするつもりなの?」

私「都度片付けていますけど、いたちごっこなんですよ…」

義母「私ならもっと上手くやるけどね。あなたって本当に何なら満足にできるのかしら。」

どんなに正論で返したとしても

どんな理由があったとしても、あの手この手で嫌味を言い、私が言い返さなくなると満足そうに帰っていく日々が続いた。

そんな義母は、娘が小学生になった今でも

文句や嫌味、悪口を繰り返すのだ。

しかも私にだけではなく、娘に向かって告げ口のように言うようになった。

義母「あなたのお母さんは本当に要領が悪くてみていられないわ。ろくに家事もできないし、本当にあなた可哀想ね。

あら、心配しないでね。あなたはお父さん似だからきっと将来も大丈夫よ。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました