スポンサーリンク

【第109話】義母と行く地獄の温泉旅行編

スポンサーリンク
義母@みかさ
スポンサーリンク

私「あら?二日酔いですか?」

義母「そうじゃなくて!」

私「少し眠ったほうがいいかもしれないですね。ずっとおしゃべりしてらしたから、お疲れでしょう」

義母「そうじゃなくて、運転を何とかしなさいって言ってんのよ!」

そんなやりとりをおろおろしながら見つめる旦那が「運転変わろうか?」と尋ねてくるから首を横に振る。しばらく運転して高速に乗ってしばらくたった頃、後部座席から、不穏な声が聞こえた。

えづくような声、バックミラーで確認すると義母がハンカチで口を押えていた。気持ちが悪いと言う義母を正直ざまあみろ、という気持ちで見ていたけれど、吐かれるのはごめんだった。

うちの自家用車だから、汚されるなんてありえない。

私「お義母さん、大丈夫ですか」

義母「大丈夫じゃないわよ……!」

 そう答えては、オエオエ言っているから、本当にまずい状況だと悟り、一番近いパーキングに入ることにした。ギリギリ耐えた義母を心配そうに旦那は見つめながら「ごめんだけど、トイレついて行ってあげて」と言うから、驚いた。

スポンサーリンク
義母@みかさ
スポンサーリンク
先読みブログをフォローする
スポンサーリンク
「大嫌い!」うざい義母にスカッと倍返し!【先読み公式ブログ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました