【第4話】正直な息子がスカッと一言! 息子「ばぁばもお母さんに料理を教えてもらいなよっ!」

スポンサーリンク
スカッと美奈子
スポンサーリンク

私「…参考にしますね。」

義母「美味しすぎて言葉にならないかしら?あなたとは腕が違いすぎるから仕方がないわね。」

不味いとは言わないが、何とも掴みどころのない味がする。

というか、何の味だろう。

義母の言う通り、私の頭では理解のできない味がするのだ。

頭の中で処理をしているうちに、よくわからない料理が食卓に並ぶ。

名前のついた料理も見あたりはするが、どこか絶妙に違うのだ。

義母「はーい、今日はおばあちゃんがご飯作りましたよ!いつもよりうんと美味しいから遠慮せず沢山食べてね。何度おかわりしたっていいのよ!」

息子「今日はおばあちゃんのご飯なの?」

コメント

タイトルとURLをコピーしました