スポンサーリンク

【第5話】義母「まずい!私の口に合わないわ!」 私「今日は私は作ってませんよ」実はこの料理…

スポンサーリンク
スカッと美奈子
スポンサーリンク

私「今日はポルトガルの料理なんですよ、特に変わった料理ではないので一見ポルトガル料理って感じはしないんですけど。」

義母「ポルトガルって…よく知りもしない国の料理を率先して作るわね…」

私「よく知りもしないって…そんなこと言い始めたら洋食全般もちゃんと国のこと知らないといけなくなりませんか?

和食ですら怪しい人出てくる気がするんですが…」

義母「そんなことが言いたいんじゃないのよ!あなたのそういう口答えするところ本当に嫌い!」

私「すみません…でも…今日のこの料理はフランセジーニャと言ってポルトガルで有名なB級グルメなんです。

使っている食材もハムやソーセージ、卵、チーズなんかでそんなに不思議な料理でもないんです。日本人にもとっつきやすい料理だと思ってつ食ったんですけど…。」

義母「食材の問題じゃないでしょ?そんなカタカナだらけのフランスだかポルトガルだかわからない料理ばっかり作って、子供への教育に悪いとは思わないの?得体の知れない料理ばかりで、もしも学校でいじめられたらどうするつもりなの?」

私「そんなことはないみたいです。いつも異国の料理ばかり出しているわけではないですし、お弁当のおかずもお友達と交換して楽しんでくれているみたいで…結構評判いいんですよ?」

義母「あなたお弁当にも変な料理を入れてるの!?お友達だってお世辞で言ってるに決まってるでしょ!?子供に気を遣わせて楽しいの?」

コメント

タイトルとURLをコピーしました