【第5話】毎晩のようにやってくる義母のアポなし訪問… 限界がきた私が取った行動は…

スポンサーリンク
[2号]スカッと春香
スポンサーリンク

私「ねえ、お義母さんのことなんだけど、最近毎日うちに来るの。子どものことをあやすわけでもなく、私の家事育児にケチをつけてばかりで…もう私どうしたらいいの?」

夫「それは考えすぎなんじゃないかな?」

私「え?」

夫「お袋とは、まだ関わり始めて間もないだろ?だからお互いに距離感がつかめていないだけだよ。

ケチつけてるわけじゃなくて生活のちょっとした違いだろ?家族なんだから仲良くしていこうよ。」

私「待ってよ、私が歪み合いたいから相談しているわけじゃないんだよ?毎日突然やって来て、あれもダメこれもダメって言われたら耐えられないよ!

もはや人格否定みたいなのだって言われるんだよ?」

夫「まあまあ、落ち着いて。君らしくないよ?疲れているのなら今日は早く寝たほうがいいよ。家族なんだしそのうち分かり合えると思うんだよね。

時間が解決してくれることだってあるじゃない!」

夫のこの性格に対して、初めて「ふざけるな」と思った瞬間だった。

家族なんだから分かり合える?時間が解決してくれる?冗談じゃない。

このまま嫌味を言われ続けて私の精神が崩壊する未来がすぐそこに来ているというのに…。

私はこの日、とあることを決意することになった。

翌日、例に漏れず義母がやって来た。

コメント

タイトルとURLをコピーしました