スポンサーリンク

【第2話】義母「まずい!私の口に合わないわ!」 私「今日は私は作ってませんよ」実はこの料理…

スポンサーリンク
スカッと美奈子
スポンサーリンク

料理をしなくては日常的な食事に支障が出るし必要なことではあるけれど、それ以上に趣味として大きな存在である私の料理を家族が肯定してくれるのは本当に幸せなことだと思う。

最近は上手にできた料理のうち、特に気に入ってまた作りたいと思ったものや

娘や夫にウケのよかった料理を写真に残して、簡単な調理方法とともにSNSに載せることにもハマっている。

「いい歳してインフルエンサー気取りか?」と思われるかもしれないが、自分の趣味を最大限に有効活用して何が悪いというのだろう。

「参考にして夕飯を作りました。」「このレシピでお弁当を作ったら苦手な野菜も食べてくれました!」なんてコメントが書かれた日には

家族に美味しいと喜ばれるのとはまた違った幸せを感じることができるのだ。

もちろんいわゆるアンチコメントというものも時々あるから、いいことばかりではないが趣味は趣味なのだと割り切っているし

どこで誰と関わっていても少なからず悪い何かはついて来るものだ。

全く傷つかないかといえば嘘になってしまうが、私ももういい大人なのでそんなことくらいはわかっているし気にしないようにしている。

噂を聞きつけたママ友にも詳しくレシピを聞かれるし、たまたまスーパーで鉢あった日には一緒に献立を考える羽目になることもある。

主婦の悩みランキングの上位には食い込むだろう毎日の献立事情、きっとどの家庭も助けてもらえるのであれば助けてほしい思いだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました